平松工務店
HP : http://www.kenchikushi.jp/
Mail : info@kenchikushi.jp
住所
藤枝市岡出山
TEL(054)641-1849
FAX(054)645-1507
※詳細情報につきましてはホームページをご覧下さい。
- 過去の記事 カレンダー -
<<  2010/8  >>
SMTWTFS
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
- 過去の記事リスト -
◆2010-08-19
実際に家を建てるときの流れについて
◆2010-07-31
断熱材の件
ソーラーサーキットについてお聞かせください
見学について
デッキ材について
防腐処理について
土地も一緒に探したい
施主さんにお願いしたい
Q&A
ご質問はEメール hiramatu@thn.ne.jp TEL 054-641-1849
または下記の掲示板にて、お願いします。どんなご質問もお気軽にご連絡ください。
楽しみにお待ちしております。
タイトル
本文



画像ファイル

※ 画像を1枚添付できます
※ ファイルの形式:.gif, .jpg, .png
※ ファイルサイズ:50KB以下


投稿された内容は管理者確認後に公開されます。
ソーラーサーキットについてお聞かせください



藤浪 義浩
はじめまして、清水市に住んでいます。
ホームページを拝見しました。
ソーラーサーキットについて質問させていただきます。
この空気還流の動力源はモーターですか?
その音はどの程度ですか?
予算についてもお聞かせください。
排熱するためなら、風通しのよい間取りにすることで解決できませんか?
ソーラーサーキットとセルロースファイバーはセットで考えなければなりませんか?
的外れな質問かもしれませんがよろしくお願いします。

 

平松工務店 
ご質問、ありがとうございます。
早速ですが、壁の中を空気が通って排熱するのには、動力は使いません。あくまで、床下の比較的低い温度の空気が、その上にある比較的暖かな空気の部分に向かう上昇気流の力で、空気の還流は行われます。おっしゃるように、排熱するのに、風通しの良い間取りにするのは、一番大切なことだと思います。
ソーラーサーキットシステムでは、断熱材を外回りにある柱の外側に張るために、柱の太さの分の壁の厚さだけ、空洞になります。そこで、その中を空気を下から上に通すことにより、室内側だけでは、逃がしにくい熱も、壁の中から逃がすことが、可能になります。この仕組みは、特に冬場に家中の温度をより早く均一にするのにも役立つものと思います。ソーラーサーキットとセルロースファイバーは、まったく関係のないものです。ソーラーサーキットシステムには、専用の板状の断熱材を使います。
予算についてです。ソーラーサーキットシステム自体は、あくまで、断熱性能等を向上させるためのシステムです。ですから、ソーラーサーキットシステムにより性能が向上する以外の部分の性能や内観、外観については、決まりはありません。ですから、基本となる建物があって、それにプラスこのシステムと考えていただいたほうが良いと思います。坪数や、間取りによっても変わるため、本当に巾のある数字になってしまいます。本当に申し訳ありませんが、ある程度の条件をおっしゃっていただいて、個人的に、ご質問くだされば、大まかな目安はご説明できるものと思います。
最後に、壁の中の空気を動かすのには、動力は用いないといいましたが、これとは別に、24時間換気システムは、標準に装備されます。これは、室内の空気環境を良くすることと、余分な水蒸気の排出、夏には、排熱の役割もします。音につきましては、通常運転でしたら、本体及び、室内配管からは、ほとんど感じられないと思います。むしろ、給気口の風切音等が、風の向きによっては、気になることもあるようです。

 

Jul 31, 2010, 11:01 AM



<< PREV | TOP | NEXT >>
平松工務店