平松工務店
HP : http://www.kenchikushi.jp/
Mail : info@kenchikushi.jp
住所
藤枝市岡出山
TEL(054)641-1849
FAX(054)645-1507
※詳細情報につきましてはホームページをご覧下さい。
- 過去の記事 カレンダー -
<<  2010/8  >>
SMTWTFS
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
- 過去の記事リスト -
◆2010-08-19
実際に家を建てるときの流れについて
◆2010-07-31
断熱材の件
ソーラーサーキットについてお聞かせください
見学について
デッキ材について
防腐処理について
土地も一緒に探したい
施主さんにお願いしたい
Q&A
ご質問はEメール hiramatu@thn.ne.jp TEL 054-641-1849
または下記の掲示板にて、お願いします。どんなご質問もお気軽にご連絡ください。
楽しみにお待ちしております。
タイトル
本文



画像ファイル

※ 画像を1枚添付できます
※ ファイルの形式:.gif, .jpg, .png
※ ファイルサイズ:50KB以下


投稿された内容は管理者確認後に公開されます。
見学について



鈴木正直
はじめまして浜北市の鈴木といいます。以下の事についてお教えください。
山本順三氏の本によりますとセルロ-ズファイバ-で断熱された家は高断熱,高気密,防音効果の高い家ができるようです。高気密というと計画換気が必要ではないかと思うのですが自然換気でよいようです。貴社で造られるセルロ-ズファイバ-で断熱される家もやはり自然換気で建てられているのでしょうか?
tip構法はどの家に対してもこの方法で建てられるのでしょうか?
私は浜北市に住んでおりますが建築の依頼は受けられるのでしょうか?
家の見学はさせていただけるのでしょうか?

 

平松工務店
ご質問ありがとうございます。お返事が遅くなり申し訳ございません。
初めの、換気についての質問にお答えします。セルロースファイバーで施工した家は、確かに通常の家よりも(どれを標準とするかは難しいのですが、)気密性は、あると思います。ですから何らかの換気システムを取り入れるのが望ましいと思います。特に、クロスや、合板のフローリング等を多用した新築住宅の場合、たとえその使用量が、規定値以下であっても、換気により、有害な物質の排出が期待できます。ただ、越屋根や開閉式の天窓等により1階から2階への空気の通り道を作る等、工夫次第で、自然換気を有効に利用する方法もあります。ただ、冬場には締め切ってしまうことが多いので、補助としての換気は必要だと思います。私共では、室内に無垢の木を出したり、自然素材を使ったりして、室内の環境の改善を図っておりますが、昔のように隙間だらけの家ではないので、簡易的な換気システムを取り入れつつあります。
次に、TIP構法についてです。この構法は、木造軸組であれば、施工は可能ですし、私共では、ほとんどが、この構法で施工させて頂いております。
私共で立った家や、建築中のものなど、施主様のご了解があれば、ご希望どおり、見学していただけます。また、年に、3-4回程度、見学会も実施しておりますので、その時は、ゆっくりとご覧いただけます。建築の依頼についてのご質問は、本当にありがたいご質問ですが、建築することは可能です。しかし、住宅は、住んでいただいてからが、本当のお付き合いの始まりで、メンテナンス等のことを考えた場合、浜北市ですと、お客様に、ご迷惑をおかけすることも考えられます。地元で、信頼できる工務店等があればベストだと思います。

 

Jul 31, 2010, 11:00 AM



<< PREV | TOP | NEXT >>
平松工務店