平松工務店
HP : http://www.kenchikushi.jp/
Mail : info@kenchikushi.jp
住所
藤枝市岡出山
TEL(054)641-1849
FAX(054)645-1507
※詳細情報につきましてはホームページをご覧下さい。
- 過去の記事 カレンダー -
<<  2010/8  >>
SMTWTFS
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
- 過去の記事リスト -
◆2010-08-19
実際に家を建てるときの流れについて
◆2010-07-31
断熱材の件
ソーラーサーキットについてお聞かせください
見学について
デッキ材について
防腐処理について
土地も一緒に探したい
施主さんにお願いしたい
Q&A
ご質問はEメール hiramatu@thn.ne.jp TEL 054-641-1849
または下記の掲示板にて、お願いします。どんなご質問もお気軽にご連絡ください。
楽しみにお待ちしております。
タイトル
本文



画像ファイル

※ 画像を1枚添付できます
※ ファイルの形式:.gif, .jpg, .png
※ ファイルサイズ:50KB以下


投稿された内容は管理者確認後に公開されます。
土地も一緒に探したい



酒井 雅浩
私は、現在富士市に住んでいるのですが、将来的ひ静岡県中部で住宅を建てたいと考えています。
でも仕事の都合上、なかなか静岡市や藤枝市の土地を探しにいくことができません。
平松工務店さんの建築工法等に大辺興味がありますが、貴店の条件付きの土地等を紹介していただくことはできるのでしょうか。
可能であれば、一度相談に伺いたいと思います。

 

平松工務店 
ご質問ありがとうございます。
深沢様のおっしゃる通りです。私共では、見えなくなってしまう、土台や1階の柱にも、檜の芯持材を使用しています。これは、公庫基準における耐久性の高い樹種とされ、薬品の処理が必要ないとされているからです(やったほうが良いとはされていますが)。また、今では、一般的ですが、防湿フィルムを敷き込んだうえで、べた基礎構造にして床下の防湿性を高めています。ただ、湿気が無いからと言ってすべてのシロアリに有効とは限りませんので、注意が必要です。
次に、TIP構法と普通の工法との金額の違いです。いろいろなやり方があるかと思いますが、もし、外部に構造用の合板を張る方法と比べた場合、TIPで使う木とガセットプレートの合計金額と他の工法の場合の合板の金額の合計との差額が、まず違いとして上げられます。次にそれぞれのやり方の違いによる施工費の差額が出てきます。ですから、外部に何も耐震措置を行わない住宅と比べた場合は、TIP構法の施工費がそのままプラスとなってしまいますが、合板等を施工した場合は、その相殺された残りの金額がプラスかマイナスとなって現れてきます。ただ、TIP構法は無垢の木を使うことや、それを斜めに張ることにより、SC工法や自然素材の断熱材と組み合わせたときに、いろいろなメリットが生まれてきます。私は、耐震性と同時にその相性の良さは、捨てがたい魅力だと思っております。ご興味がありましたら、また、ご説明させて下さい。

 

Jul 31, 2010, 10:58 AM



<< PREV | TOP | NEXT >>
平松工務店